Table for tomorrow、本格始動

独立して、Table for tomorrow という屋号で請求書を出し始めて早半年。

この度、本格的に Table for tomorrow という屋号で発信型のフードディレクションを行うことになりました、代表の瀬尾裕樹子(せのおゆきこ)です。

今回このサイトを立ち上げ、受託製作の多いフードディレクションという仕事を、ただの受託にとどまらない”発信型”で行おうと思った背景には、テーマにも掲げている「フィットする食卓」というキーワードがあります。

Table for tomorrow の目指すもの、メッセージについての詳細はこちらをご覧ください。

割と都会育ちでありながらも、幸いにして小さい頃から季節の食に溢れる家庭で育ち、大学では栄養学と生物学を修めてきた私ですが、様々な食材を知り、積極的選択をして自分にとって「フィットする食卓」がなんとなく見えてきたのはごく最近のことです。

自分と向き合い、自分の可能性を最大限に生かし、自然の恵みを享受すること。その中で少しずつ自分に合う、しっくりくる、食卓が見えてきたのです。

食事って毎日 3 回も訪れる時間だからこそ、その時間を大事にできる人、楽しめる人は人生そのものを楽しめる人だと思います。

 

“人を良くする”と書いて”食”。

Table for tomorrow では、食と人との関係性を築く、そんなフードディレクションをしていきたい。

ここではそんな想いで食とそのまわりについてのあらゆることを発信していきますので、お楽しみに。

 

2016 年 9 月末日

Table for tomorrow 代表 瀬尾裕樹子